top of page
  • 中本理恵

『手放し』のためにやったこと

オラクルカードリーディングをしていると

『手放し』『LET GO』

というカードがよく出てきます。



『手放し』は2通り


・物質的なもの

・自分の内にあるもの


物質的なものは、不要なものを処分したり、掃除をしたりすればいいのでそれほど難しくありません。



大変なのは、自分の内にあるもの。


インナーチャイルド

アダルトチルドレン

過去世からくるもの etc.


これらが絡み合っている場合もありますね。


これ、本当に大変です。

気がつかずに生きてきた人もいるでしょうし(私です)、わかってても長年持ち続けてきたものなので克服するのは難しいんです。



私が手放すためにやったこと


その前に。

私は「HSP+アダルトチルドレン」で

今はほぼアダルトチルドレンを克服?したと思っています。


※HSPは性格のようなものなので治る治らないというものではありません



以前の私は


・人の顔色を見て人に合わせる

・自分さえ我慢すれば

・頑張らないと認めてもらえない

・人と比較して落ち込む

・人の気持ちが分かりすぎて辛い

・色々考えすぎてしまう


挙げたらもういっぱい(笑)


そして家族の中では常に劣等感、母に対しても良い感情を持っていませんでした。



ではここからどうして変われたか



すごくよかったものを挙げますね。



【ピプノセラピー】

母との関係はこれで。

偶然やってもらう機会があってやってもらったんです。

私は母に愛されてないんじゃないかと思っていたのですが、勝手に思い込んでいたんだと気がつきました。

母は、母なりのやり方で愛してくれていたんだと。



【嫌われる勇気 アドラーの言葉】

他人の気持ちは変えられない

他人がどう思うかはその人の課題


人にどう思われるかばかりを気にしていた私にとって衝撃的な言葉でした。



【感情にフタをしない】

悲しい・辛い・悔しい

こんな風に思ったらダメだ

ネガティブ感情


こういった感情は、ただフタを閉めただけだと開ければまた蘇ってきます。


そうではなく、その感情を感じ切ってしまう。


深ければ深いほど時間はかかりますが、ある時ふとバカらしいと思う時がきます。


その後は、そんな風に考えている時間がもったいないって思うようになります。


またネガティブ感情が出てきた時は

「それも私」

と認めてあげるんです。


ネガティブ感情は誰にでもあるもの。

決してダメなことではないですからね。



【自分に優しくする】

どんな時も自分優先で。


以前の私は、喜んでもらったり感謝されることで認めてもらえたと思っていて、自分のことは後回し。

そのために疲弊していました。

今は自分の気持ちを大切に、自分が満たされてから優しさをお裾分けしています。



【感謝リスト】

最初に30個書きました。

書いた後、何だ…私って幸せじゃん

と感じました。


今は毎日5個書いています。

(結構大変です…)


何でもない1日でも実は感謝することがあると感じることができるし、

毎日書いていると、感謝するクセがつくんですよ(笑)



【オラクルカードリーディング】

オラクルカードの言葉は優しい。

落ち込んだ時は優しい言葉に癒され、迷った時には背中を押してもらい前に進むことができます。

(グルグル思考の時は特にオススメですよ)




今だって完璧なわけではありません。

でも今は


「私はダメなんかじゃない」

ネガティブ感情があっても

「それも私」 

「他人がどう思うかはその人の課題」


と思えるようになりました。



まとめ


手放すためにやったと

・ピプノセラピー

・アドラーの本『嫌われる勇気』

・感情にフタをしない

・自分優しくする

・オラクルカードリーディング



自分の内にあるものを手放すのは簡単ではないから、何度もカードが出てくるんです。


少しずつでも、自分ができることから始めてみてください。


リーディングしてて、いつの間にか『手放し』のカードが出てこなくなったら「課題クリア」です。



閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page