top of page
  • 中本理恵

腑に落ちてスッキリするリーディング

「前に受けた時はオラクルカードは相性が悪いと思ったけど今日は良かった」





先日チャレンジフェスタに出店した時にお客様がおっしゃった言葉です。



とてもありがたい言葉です。



オラクルカードに基本正解はありません。


よくタロットカードと同じように思われますが、タロットカードは一枚一枚意味が決まっていているのに対して、オラクルカードは同じカードでも相談内容によって解釈が違ってきます。


解説書にはカードの意味が書いてありますが、必ずしも解説書の通りにはならないのです。



カードは相談内容に合ったものが出てきます。


カードに書いてある言葉の時もあれば、絵柄の時もあります。

もちろん解説書の時も。


オラクルカードリーダーはその時ピンときたものを言葉にして伝えるのです。


カードの絵のここが一番目についた・気になった、カードの言葉や解説書のここにピンときた…etc.



逆に言うと、ピンとこない・スッキリしない・腑に落ちなかったなら、質問の仕方が良くなかったのかもしれません。


あるいは、お客様が本心に気がついてない、隠しているのかもしれません。


例えば

【相談】

「結婚したいけどどうしたらいいか?」


【本心】

・結婚に興味はないけど、周りがみんな結婚してるから自分も結婚しないといけないと思い込んでいる。


・何らかの原因で、実は結婚に対して良い印象を持っていない



そうすると本心に対してのアドバイスカードが出てくるので、相談内容とはズレたものになります。


こういう時は、お客様にリーディング結果を踏まえて改めてお伺いします。

(もちろん無理に聞くことはありません)


無理のない範囲で本当のお気持ちをお聞かせいただけると、よりスッキリしたリーディングになります。



ですから冒頭でおっしゃった言葉は、『お客様が本当のお気持ちを話してくださり、それに合ったカードが出てリーディングができた』

ということなんですね。




オラクルカードはまだまだ知らない方も多いですし、知っていても実はあまりよく分かっていないという方も多いです。


オラクルカードは背中を押してもらえたり、元気をもらえたり、進む方向を見出してくれたりもします。



オラクルカードの素晴らしさをなるべく多くの方に知っていただきたいと思っています。












最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page