top of page
  • 中本理恵

あなたやあなたの大切な人に命の期限がつけられたらどうしますか?

先日、夫の同級生の親友がガンで亡くなった。夫と私は同い年なので、私と同じ年に亡くなったということになる。


私の父は62歳で亡くなった。父と母は7歳違いなので母が55歳の時、今の私の方が年上だ。



いつどうなるかわからない


夫の親友は6年前にガンが見つかり、「5年もったらいいでしょう」とお医者様に言われ、6年頑張ったそうだ。



私も夫も今は元気。

でも明日はわからない。


もしかしたら何か大きな病気が見つかるかもしれない。



考えさせられた


もし、夫があと5年しか生きられないと分かったら…何をするだろう?


真っ先に思ったのは



『できるだけ一緒にいる時間を増やす』



子供たちは社会人となり一人暮らしをしていて、今は二人きりの生活。

ありがたいことに好きなことをやらせてもらっている。


二人の時間を増やすために、今やっていることを辞めようか悩むと思う。

夫の側にいて、やってあげられることは全てやりたいと思うかもしれない。



でも、逆の立場だったらどう思うだろう?



自分があと5年しか生きられなかったら?


できることは全てやりたい。



夫や子供たちと旅行に行って思い出を作りたい。

夫と一緒に名所・話題の場所巡りをしたい。

今やっていることを全力で楽しみたい。



もし夫が自分のことを犠牲にして私の側にいてくれたらどう思う?


嬉しい気持ちはあるけど、そうはしてほしくない。

日々自分の好きなことをして楽しんでいる姿を見ていたい。

日常生活を送ってほしい。



きっと夫もそうだと思う。



今なら母の気持ちが分かる


父は晩年入退院を繰り返して、母は入院するたび病院に寝泊まりし、病院から出勤・病院に帰ることをしていた。



当時の私は、何でそんなに大変なのに仕事を辞めないんだろう?

少しイラつく気持ちを持ちながら思っていた。


きっと母も辞めることを考えたと思う。

でも仕事を辞め父がいなくなった後の母の喪失感は、計り知れない。


父が早くに亡くなっても、仕事があるから頑張れていた。


きっと私もそうだ。



母は父が亡くなった後も10年働き、今は自分の好きなことをして人生を楽しんでいる。



結局のところ



『普通に暮らせていることに感謝しながら今を楽しんで生きる』



これに尽きる。



悲しみはすぐには癒えないかもしれない。



でも過ぎていく時間は一緒。

その時間を悲しんで生きるか、楽しんで笑って生きるか。



先に去るものはどちらを望むだろう?

閲覧数:27回0件のコメント

Comments


bottom of page